やる気が出ない…動けない…そんな気分を脱する解消法とは?

公開日:  最終更新日:2014/09/03

やる気なし

休みの日、
「部屋の掃除しなきゃ…」
「洗濯物がたまってきたなぁ…」
「古本を売りに行かなきゃ…」
と、やるべき事はいろいろあるのだけれど。。

ゲームをしながらTVを見ながら、ぐるぐる用事が頭のなかを駆け巡っているのに…なぜか動けない。

ぐずぐずしているうちにあっという間に日は暮れて、明日は仕事だ、早く寝なくちゃ…と1日を無為に過ごしてしまう事ってありませんか?

何を隠そう私もその中の一人!(笑)

これではいけない!と一念発起して、やる気の出し方を調べてみました。

スポンサードリンク

やる気を出す!で、やる気はどこから出てくるの?

このやる気、どうやって出すのか?まずはやりたい物事をやり始めるということが、やる気を出すスイッチになります。なんと“やる気”は、やる事をやっている最中に出てくるものなのです!

とにかく行動を起こすとか、やる気が出なくて動けないから困っているのに…と思っている方。まずはやりたい事のハードルを思いっきり下げてください。

例として洗濯を行う事をあげてみます。

(1) まず洗濯機の前に行く

この時のポイントとしては、

・とにかく洗濯機の前に立つ事だけを考える
・脱水したあと干すこと等は考えない
・『洗濯機の前に立つ』を実行したらOKとする
・その後に洗濯を行うかどうかはその時に決める

というふうに、行っている行動だけを見つめることです。

スポンサードリンク

(2) (1)でも書いたように、その後洗濯をするかどうかは本人の自由です。ただ洗濯機の前まで行くと、その後の行動『洗濯機の蓋を開ける』のハードルはかなり低くなっており、蓋を開けた後の『洗濯物を洗濯機にいれる』という行動につながりやすくなります。

さらにこのように行動しているとやる気がでてくるため、余計に行動を継続しやすい状態、つまりはやりたい事ができてしまうという結果につながるわけです。

それでも動けない…出ないものは出ないよ、という方へ

『その一歩が踏み出せないんじゃん…動けないものは動けないよ。。。』

そんな声が聞こえてきそうですが…あなたはやるべき事をやる前に、別の行動をとっていませんか?たとえばTVを見ているとか、ゲームをしているとか…

実は、TVを見ること、ゲームをする事を続けるための『やる気』が出ているのです。やり始めると出てくるやる気が発揮されているのですね。

ということは…おめでとうございます!あなたにはやる気があるんです!

では、その“やる気”を【やる事】に向けましょう。そのためには、今やっている行動をキャンセルする事に集中します。TVを見ているならリモコンでTVの電源を落とす、ゲームをやっているならゲームをOFFすることに全力をつくす。

TVを見ながら洗濯をしなくちゃな〜と考えている時と、本当に何もしていない状態の時。どちらが洗濯機の前に立つ事が簡単かおわかりですよね?

まとめ

今回のやる気は、「やらなきゃいけないことが目前にあるのに行動できないとき」に第一歩を踏み出すための短期的なやる気で、一生の目標や試験の合格などの長期的に保つやる気とは少し違います。

しかし、とりあえず目の前の問題を片付けていけば、すっきりとした生活を送ることができますよ♪

…と信じて

今日もブログを書くために『メモ帳を開くためのダブルクリック』という行動だけに集中する私なのでした。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑